久しぶりにスト2やりまくった話

お疲れ様です。

久しぶりに曲を作りこみ始めています。

とは言え打ち込みまでは至っていなかったりして、やはり「とりあえずDAWを起動する癖を付ける」って結構有効なんだなー、とか。

そこでやる気が出ないってのは、やっぱり疲れとかもあるんでしょうか。

疲労感がバリバリで、昼夜問わず寝まくっております。

 

そのうち寝すぎて死ぬんじゃないか、もやしです。
それはそれで。

しかし6時間くらい寝ると起きちゃうんですよね。
そこからの寝れない時間が辛い。

 

めっちゃスト2した

先日、中野や秋葉原でちょいちょい対戦するLMさんと2時間くらいガッツリスト2をやりました。

最初はガイル同キャラだったのですが、弾(ソニックブーム)が撃てねーのなんのって。

ガイルは溜めキャラなんですが、溜め時間しっかりで弾を出すのって難しいんですよね。
スト2はヒット時やガード時に処理落ち(ヒットストップ)が結構キツめに入るので、それでまたタイミングをずらされたりして。

あのゲームで最速溜めを連発出来る上級者って何者なんだ、と思って動画を漁ってみたところ、意外と上級者でも意外とミスってる場面が多い。
しかし、そこからのリカバーだとか再溜めが早いんですよね。

自分はソニックを撃ってからの溜め時間だけ把握してるのですが、上級者は殴り合いからもしっかり最速でソニック撃てるんでしょうな。

 

あとガイルを使っていて難しいと思うのは、ラインの上げ方ですね。

スト2は画面端がゲロいゲームなので、自分から前に歩いていく必要があると思っているのですが、
弾を撃つならレバーを前に入れられず、前に行くならその後しばらく弾を撃てない。

近づきすぎても待っている相手に対しては無敵技を警戒しないといけなくて、かえって読み合いが面倒になる。

むしろ歩きながら、弾ごと飛び越えてこようとする相手の前飛びを警戒した方がいいのかも。

その辺は相手の動きやキャラによって変わるので、一概には言えないのですが。

 

その辺の立ち回りが定まってないわ弾撃ちの速度が追い付いてないわで、ガイル同キャラの終盤は結局前飛びばかりしていました。

そして落とされまくっていました。

 

その辺りで「これダメだな」と思い始め、勝ちたさのあまりにメインキャラのリュウに変えました。

弾いっぱい撃てる!楽しい!

リュウは弾をいっぱい撃てる→横押しが強いので、非常に考え方が楽。
ずっと弾に頼っていると上に飛ばれ始めるので、そうなったら警戒してしっかり落とす。

昇竜が決まると気持ちいい。

あとは大本命の真空波動をどう撃つか、試合の流れと合わせて考えるのが楽しい。
基本的に、効率よくゲージを溜めれば真空は2回打てるのですが、最初にゲージが溜まったタイミングで「どこで撃てるか」「もう一回溜めるタイミングがあるか」とかをその場で判断するのがすごく楽しい。

サガットもそうですが、スパコンとゲージ貯めが強いキャラは、ゲージ運用を考えるのが楽しいですね。

 

それから、リュウガイル辺りで対戦していると足払い戦の機会が他のゲームに比べて異常に増えるので、非常に格ゲーしてる感があって楽しい。

相手の間合いと自分の間合いを図って、立っている瞬間を狙ってボタンを押して。
それが綺麗に刺さった時の快感は、やっぱり1撃が重いスト2ならではなのかなー、とか。

色んなゲームを触るようにはしてますが、1ボタンが決まった時の気持ちよさはスト2と恋姫がダントツに気持ちいいですね。

 

言ってたら恋姫もやりたくなってきました。
そのうちやるやる言いながら結局あんまり遊んでない。

どこか自分が遊ぶゲーセンで対戦起きれば遊ぶんですけどね。

 

そんな感じで今回はこの辺で。
秋葉原HEYの10円スパ2X、また行きたいですね。
あれはあれでレバーとか待ち時間とか色々ありますが。

 

本日のBGM

Garden of Earthly Delights/XTC

名盤「Oranges & Lemons」より。
昔ハマったCDを振り返ろうシリーズ。

青春パンクとかNWパンクとかにハマっていた頃に聴いて「こういうのもロックでいいんだ!」と衝撃を受けたとか。

楽曲としてはMayer of SimpletonがPVもあって有名なのかもしれませんが、CD借りてきて最初に聴いた時のこの1曲目の衝撃ったらない。

変態チックなのに、ポップにまとめている。けどやっぱり変。というよくわかんない曲。
よくわかんなくていいんだ、という衝撃。

いつかXTCに追いつきたいというのが目標の一つでもあったりします。
初期から後期にかけて曲調がガンガン変遷しているXTCですが、全部やってしまえる音屋になりたいですね。

0

PAGE TOP