「結構ショッキングなことがあって、精神的にやられていると自覚出来た時の対処」の話

お疲れ様です。

書きたいネタがあったら極力すぐにTodoアプリに突っ込むことにしているのですが。

先週辺りで結構消化していた記憶なのに、気が付いたらもう5,6件溜まっていたりして。

「タイミング的に今書くことじゃないな」というネタもいくつかあるのですが、それでも平日にも書いた方がいいなー、と。

出来ることなら平日朝早めに起きて、ブログ書いてから出社とか出来ればベストなんですが。

 

そういえば復職していました、もやしです。
思い出したので、こういうタイミング用に残していたネタを書こうと思います。

ゲームはKOF14をトレモで少々。
ヴァネが楽しい。レオナは続投。庵は対戦してみないと分かりにくそう。
ヴァネを大将に置くなら先鋒か中堅を探さないとですが、キムやKがそこそこいい感じそうだったり久し振りに筋肉ダルマも使いたかったりでキャラ迷い中。

 

金が、無い

休職する時点で50%くらいの予想はあったのですが、給料が0になったんですね。
2回目だし、前回から3か月しか経ってないので払われなくても当然と言えば当然、払ってくれたらいい会社、くらいのテンション。

しかし、流石に家賃・光熱費・食費・医療費・税金・社会保険料を給料無しで払い続けられるかと言われれば無理でして。

その前の休職・復職してからの低賃金生活で貯金は尽きていたので、親には事前に「頼ることになります」とは伝えていたものの。
流石に毎月10数万を振り込んで頂くのは精神衛生上とてもよろしくない。

しかし自分にとって半端ではないストレスである「実家に帰る」ことだけはしたくない。

幸い、復帰の目途はある程度立っている。

 

こういう条件から考えた結果、「時期を決めて、それまでに復職出来なかったら会社を辞める」「それまでは親に頭を下げる」ということを決めました。

 

結果から言えば、かなりギリギリで今の環境を継続出来たわけですが。

やはり一番キツイのは精神で。
お金は決めちゃえばそれで終わりなのですが、精神は「ホントにこれでいいのか」とか「そこまでして居残る意味はあるのか」とか「全てが嫌だ人生を投げだしたい」とか、どーしようもないことが頭から離れなくなります。

仕事始めて精神を病み出してから3年近く、通院し始めてからは2年近く、自分の精神というものと向き合っていれば、それくらいのことがようやく自覚出来るようになってきます。

今回は運良く事前に気付くことが出来たので、ついでに上手いこと復調まで持っていけたので、そういった「どーしようもない動揺」をやり過ごすためにやったことを書き残しておこうかな、とか。

 

精神は時間が解決してくれる

経験上なので「自分の場合は」という言葉は付くのですが、だいたいのショッキングなことは「冷静に考えれば自分にはどーしようもない」ことだったりして。
自分のキャパを超えて考えるからパニックになったり動揺してしまうのかな、とか思う部分もあって。

じゃあその冷静さをどうやって取り戻すか、という話になるのですが。
多分これって時間なんじゃないかな、というのが今の所の結論。
同じ事をずーっと考え込んでループしているより、一旦考えるのをやめたぐらいの方が思考を客観的に見れることが多い気がしています。
作編曲でもよくありますね、哀しいことに。

しかしてこういう精神状態の時って大体「時間を過ごすこと」に不安を覚えてしまって。
何かをやっていても「こんなことしていていいのか」と考え、何もしていなくても先述の思考のループに陥りがち。

なので「一旦時間を流して落ち着こう」という意識をもつことと、、頭に血を流さない=あまり考えないことが大事なのかな、という考えに至りました。

なおかつ、復職するための条件も整えつつ、です。
結構大変。

 

やや具体的なこと

①「時間を潰していい」「今は落ち着くための時間」という意識を出来る限り絶やさないこと。
自分はよく見るTodoの先頭にメモを置いておきました。

②とりあえず日課はこなす
自分の場合は以下の2つ。
・散歩(体力回復目的、但しどんなに軽くても短くてもいい)
・その日あった良いことをメモ(カウンセリングで勧められた)

③疲れることは絶対にやらない
エネルギーを使い過ぎるとネガティブになりがちなので、「走ること」「格ゲーの詰め」「作曲の詰め」は絶対やらないように注意してました。

④ストレッチ
落ち込んでくると緊張するのか、異様に肩が凝ります。
のんびりじっくり時間をかけてストレッチしましょう。

⑤人に話す
お金を出して頂いている親にもそうですし、友人に話したり、医者の先生に話したり。
ちなみにこれきっかけという訳ではないですが、現状寝つきが悪いと医者の先生に話したらお薬が強くなりました。

 

そんな感じ。

番外的にあと2つ。絶対個人的な好みの話。

⑥ラジオを聴く
アニメは見すぎると肩が凝るので、音泉の番組を聴きまくったり、rajikoのタイムシフトでTBSラジオの深夜番組を聴きまくったりしていました。
番組名書き出してたら結構な量になったので割愛。今度おススメでも書こうか。

⑦生地の良い抱き枕を抱きしめ続ける
エクサムショップにて発売されているアルカナハートの抱き枕カバーが非常に触り心地もよく、当然イラストも最高なので是非お勧めします。

 

回復して来たら

まずはちょっとずつ、疲れてもいいことにする。
やり過ぎると間違いなくバテてネガティブが帰ってくるので、慎重に。

自分は楽しい範囲で歩く距離を伸ばしてました。
というか途中からラジオ聴きながらどんどん歩くのが楽しくなってました。良いことです。

 

それから食事を気にし始める。
疲れるとエネルギーが要ります。つまりご飯です。

ご飯を効率よく摂るには色んな栄養のバランスが要ります。
つまり雑メシ「鶏肉サラダ」です。

金と時間を節約する「クリエイターメシ」を紹介してみる話

そして睡眠を気にし始める。
食っても休めなければ身体も精神もしんどい。
効率よく眠れれば効率よく生活が出来ます。

眠れなくて医者に相談したり、耳栓買ってみたり。
耳栓を買ったことで、長年悩まされていた近所の騒音問題から解放されました。偉大。

 

要するに、「食って寝て遊べ」。そういうこと。

ちなみに亀仙流のモットーは「よく動き よく学び よく遊び よく食べて よく休む」です。
人生に慣れてきたらこちらを目指すのがいいでしょう。

 

そんな感じ。
久し振りにヘヴィーめな話題でしたが、まあこれもこれでアリでしょう。

さっくり切って今回はこの辺で。

 

本日のBGM

ら♪ら♪ら♪わんだぁらんど/765PRO ALLSTARS featuring ぷちどる

久し振りに聴いて、「ああ、こんな曲だったな」としみじみしじみ。

言葉に影響受けている曲って何故かあんまり覚えてなかったりします。
というかそのフレーズ以外印象に残らない・・・。

0

PAGE TOP