創作は数を回すのが大事って話

お疲れ様です。

前の記事を書きながらそのまま書きなぐっております。

だって雨止まなくて買い物いけないんだもの。

濡れたくない系、もやしです。
でも袋そのまま放置してると勝手に水分吐き出してるよね、あいつ。

 

完成品が作れない症候群

インストもりもり作ってるつもりが、なんとなくイマイチに感じてしまって、そのまま小ネタ状態で放置しているものが多くなってきました。

初心者によくあるやつですね。
「こんな微妙なの作ってもなあ」で、そのまま一向に完成品が出来ないやつ。

特に今は「身体がだるい」とか「頭が痛い」とかで言い訳しやすい状態になっているので、そういう考えに行きつきやすい気もします。

冴えカノが神回だった

と、そんな状態で、ちょうどアニメ『冴えカノ』が、こんな話でした。

ネタバレの程度もあるのでざっくり言うと、

  • 良い絵が描けなくて別荘で缶詰してた絵師ヒロインが体調崩したゾ
  • 完成品は出来たけど、体調戻ってもあの時の凄い絵は描けない、主人公も無理を言えない
  • なんかヤベーねーちゃんに「お前はヘタクソなんだよ」と言われてキレて猛練習したら描けるようになったゾ

話の主軸はそこよりも、主人公や他の人たちとの関係・距離感の動き方だとか、そんな話だと思うのですが。

 

感想としては「ああ、俺に足りないのはこれか」と。

死に物狂いでやったのか?言い訳ばっかで足止まってないか?現状に満足してないか?
とかとか、色々刺さる部分があったりして。

思い出せ、お前は元々その程度だ

で、また別のタイミングで自分の昔の曲を聴いてたりして「やっぱ俺天才だなー」とかやってたのですが。

聴いてると「あ、この曲はあの曲のあのフレーズまんま持ってきたんだ」とか「音作りとか編曲ヘタクソだなー」とか、思えてくるようになったわけですよ。
正直、今まで意識して気にしないようにしてたんですが。

そう思うと、今インスト作ってる時、自分に対するハードル高いのかもなー、と感じて。
「パクリっぽくてもいいじゃん、最初はお前の歌モノもそうだったろ」とか「あいつの曲も古いのはだいたいそんな感じだよ」とか、ちょっとだけ思えてきて。

もっとダメなところも吐き出していきましょう、と。
そう思えました。

じゃあ、いってみましょう

差し当たっては、サウンドクラウドにクソみてーな曲いっぱい上げたいです。
再生回してくれたりとか、リアクションくれるとモチベになります。
ニコニコやつべならコメントくれるとウホウホします。

いいものが出来るまで時間はかかるかもしれませんが、まあ、見守っててください。といった所存です。

 

そんな感じで、今回もこの辺で。
雨、止まねえなあ。

 

本日のBGM

winter fall/sgmusic

なんちゃって、わしの曲。
昔からバッカーノ!2001のサントラを勝手に作りたいと思っていて、その1曲目。
自分の中でタイトルが定まってなくて、「winter2001」(デモ段階のタイトル)とごっちゃになります。

途中からの展開に悩んだのですが、結構いい感じにまとまって満足。
その割に全然再生されなくて哀しい。ニコニコにでも上げるべきだったか。

1+

PAGE TOP