Xサガットの話

お疲れ様です。

昨日から異様に首が痛い。

多分PCの見過ぎというか、常に画面右にOpenTweenを起動しているので、ブラウザとかのメイン画面が左に寄ってるせい。

もしくはスマホの画面が近すぎ。

たまーに肩やっちゃうので、気を付けねばですね。

 

耐久力がおじいちゃんなもやしです。
筋肉付けたら凝りにくくなる気がしてるのですが、どうなんでしょ。

ゲームやりてー、と思いつつ気力がない日々です。
疲れを認識しだすと、急に気力に来ます。

 

たのしいXサガット

先日、Xサガットでそこそこ勝てました。
嬉しいのでXサガットの話を書こうと思います。

「なんでSじゃなくてXサガットなの?」とたまに聞かれるのですが、弾が強いゲームなのに弾のリスクが大きくて、一発撃つ(ガードさせる)度に脳がバチバチするからです。
あと強アパカが5ヒットな上に無敵時間が長くなく、ちゃんと当てるのが難しい代わりに当たった時にやっぱり脳がバチバチするからです。

絶対ギャンブルやっちゃいけない人間だな、と昔から思ってます。

あとは使える技全部使わないと勝てない所も大好きですね。

 

弾の話

スト2って弾がめちゃめちゃ強いんですよね。
削り量とノックバックと有利Fと強弱の弾速差と。

その辺を紐解いて弾撃ちの話をじっくり書こうと思ったら、特に書くことがないことに気が付きました。
哀しいなあ。

 

基本的には「飛ぶと思ったら撃たない、あとは撃つ」なんですが。
例えば相手が飛ぶか微妙な時でもJ攻撃1発だけで済む状況で、数発撃てばゲージが溜まるとか、巻かれないだけの有利Fや画面位置を保ててるなら撃つんですよね。

例えば相手の弾がガイルやDJのように薄い弾だったら、弱ニーでスカしつつダウン狙ったり出来るんですよね。
もう少し近い間合いなら遠中Kで出がかりを潰したりもアリですし。

 

あとはフェイント周りで、最初は常に弱P空撃ってから弾撃ちしてみよう、と。
で、相手がそれを理解してきたら、弱P押して待ちとかを増やしてみよう、みたいな導線を作ったり。

相手があまり飛ばなくなってきたらちょっと歩いて弱Kピッピしてみたり、弱ニー手前落ちから投げとアパカでクソ2択してみたり。

 

みたいな、ケースバイケースの積み重ねでしか弾撃ってないなー、とか気付いて。
バルログとか春麗とかあまり対戦しないキャラ相手だともうボッコボコにされる訳です。

自分の中で、説明できる理屈にまで固まってないんですよね。

そらニトブラにも応用効かないわけですよ。
そもそもニトブラの弾、特に村正の糸は勝手が違いすぎるのもあるのですが。

 

アパカの話

そういえば自分の主食は弾じゃない、昇竜パナしじゃないか、と今思い出したので、その話をしましょう。

相手がボタンを押してそうなら昇竜を合わせる。

最強ですね。
だから身内以外に勝てねーんじゃ。

でも楽しいんですよねえ。

 

結論:プレイが雑

知ってた。

ハマれば強い気がしてるのも噛み合ってるだけなので、強くなりたいなら安定させる方法確立させましょうね、とか。
そもそも色々練習しましょうね、とか。

 

そんな感じで今回はこの辺で。

〆方も雑。
いいじゃん。(いいじゃん)

 

本日のBGM

Black Ice – AC/DC

アルバム「Black Ice」より。
一瞬Back in Blackを聴いたのですが、音が全然変わってなくてすごい。
同じ事を続けるのって気持ち的にも商業的にも大変だと思うのですが。

こういう重い音を聴きたくなる時ってありますよね。
音域とか音作りではなくて、リズムの話。

しかしドラムの高さとか全く気にしてなかったのですが、結構高くに置くもんですね。
今度リハスタで遊ぶときは覚えておきましょう。

0

PAGE TOP